WEBLOG

ブログ

SWOT分析を用いた整骨院の集客方法をご紹介します

整骨院を営む経営者の方の中には、集客数を増やすために分析をしようとは思うものの、その方法が分からず悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
今回はそのような方のために、分析方法の1つであるSWOT分析についてご紹介いたします。
 

□SWOT分析とは

SWOT分析とは強み・弱み・脅威・機会の4つの観点から自らが経営する整骨院を分析するツールです。
このツールは他の整骨院を自分の整骨院と比較し、特徴を知るのに非常に効果的です。
ではこのSWOT分析を用いた集客方法について詳しく見ていきましょう。
 

□弱みを知る

まずは経営する整骨院の弱みを知りましょう。
例えば整骨院業界全体の弱みとしては、病院のようなイメージを持つ方も多くマッサージ店のように気軽に来てもらえないといったものがあるかもしれません。
さらにそれぞれの整骨院固有の問題として、施術者の技術にばらつきがある、などの問題点があったとします。
すると気軽に入れるようなイメージ作りや施術者の技術力の向上など、漠然としたゴールへの解決策が自ずと見えてきます。
 

□脅威を明らかにする

自分の整骨院の集客にとって障壁となりうるものが一体何かを明らかにすることは、非常に重要です。
例えば、すぐ近くにある整骨院、他のマッサージ店やリラクゼーション施設に顧客を取られている可能性があります。
このような競合他社は脅威の1つと言えます。
さらに、他の整骨院の施術ミスによる不祥事などで整骨院自体のイメージが低下することもあります。
 

□強みを生かす

自分の整骨院の強みを改めて認識しましょう。
例えば病院よりも丁寧な対応ができることや、長年の実績がある、その整骨院でしか行えない独特な施術法があることは強みに当てはまります。
この強みを前面に押し出すことで、弱みをカバーし、脅威への対策にもなります。
 

□機会を逃さない

機会というのは、世の中や周辺環境の追い風となる出来事や風潮を示します。
高齢者の増加や健康意識の向上に伴う整骨院の需要の増加や、骨盤矯正ダイエットやO脚改善など美意識の高い方たちの整骨院に対するイメージの向上が挙げられます。
これらの効果を強調した広告やチラシ・ポスターの作成するなど、人々を取り込む宣伝方法を考えるのも効果的です。
 
このようにSWOT分析を行うことによって、客観的に経営する整骨院を見つめ直せます。
またSWOT分析は4つの観点を組み合わせて、今後どのような策をとるかが重要です。
SWOT分析を活用して集客につなげましょう。