WEBLOG

ブログ

スポーツジムのウェブ広告を配信するのに効果的な時間とは

スポーツジムのウェブ広告を配信しようかお考えのみなさん、時間帯を指定して広告を配信できることをご存知でしたか?
広告がせっかくお金を払ってウェブ上に広告を掲載するのですから、広告の効果が高い時間帯に配信したいところですよね。
そこで今回は、スポーツジムのウェブ広告を配信するのに効果的な時間をお伝えします。
 

□ターゲットによって効果的な時間は異なる

スポーツジムの広告をどのターゲット層に向けて配信するかによって、効果的な時間は異なります。
そのため、最初にターゲットの設定を行う必要があります。
特に配信する時間を考えるのであれば、会社員か主婦か学生かというような生活形態の違いで、インターネットを閲覧しやすい時間が異なります。
 

*会社員をターゲットにするなら通勤時間

会社員に向けたウェブ広告を配信する場合は、通勤時間帯である午前7時〜9時頃、帰宅時間帯である午後5時〜8時頃を目安に配信を行うことをおすすめします。
また、帰宅後もゆっくりインターネットを閲覧する可能性が高いので、夜の時間帯も効果的だと言えます。
 

*主婦をターゲットにするならお昼時

主婦に向けたウェブ広告を配信する場合は、家事で忙しい午前中や夕方を避けた正午〜午後3時くらいまでが効果的だと言えます。
また子供がいる主婦を想定する場合、子供の年齢によってもウェブを見る時間は異なります。
例えば、主婦のなかでも年齢が高めの層を狙うのであれば、もう少し遅い時間でも閲覧される可能性は高いでしょう。
そして会社員同様、食事も終わり家事がひと段落する夜の時間帯はインターネットを閲覧する可能性が高いため、ウェブ広告を配信するのにおすすめの時間です。
特に子供がまだ小さいであろう若い主婦層を狙うのであれば、子供が寝静まり始める午後9時以降は狙い目だと思われます。
 

*学生をターゲットにする場合は昼から夜にかけて

学生に向けた広告を配信する場合は、お昼から深夜近くにかけてウェブ広告を配信するのがおすすめです。
特に四年制大学に通う大学生は、夜にアルバイトをしている方も多く朝起きる時間が遅いということがよくあります。
このように大学生は昼から深夜にかけて活動しているという方も大勢います。
また就寝前も携帯を触っていることが多いことをを考慮すると、日をまたぐくらいの時間帯でもウェブ広告の効果は得られやすいと考えられます。
 
以上、スポーツジムのウェブ広告の効果的な配信時間についてご紹介しました。
近年スポーツジムは増加傾向にあり、様々なライフスタイルの人々が利用しています。
ターゲットの特性を利用して効果的なウェブ広告の配信を行いましょう。