患者様お客様(潜在顧客)心理から導き出される“クリニックマネジメント” その1 ①身体に悩みがある(顕在問題)

最終更新: 5月8日


前回の記事では『現在の日本の治療院業界に決定的に不足しているもの』を3つ上げまし


た。今回は、その1つお客様(潜在顧客)のニーズとの乖離について。



様々な身体的不安を抱える方が、先生方の治療院に訪れるまでのプロセス


①身体に悩みがある (顕在問題)

②情報収集 インターネット、書籍、他者への相談

③情報を精査する (自分にとって何が最良なの?)

④チョイス 病院? 整骨院? 整体院? マッサージ? トレーニング?etc


「これら4項目を経て皆さんの治療院の潜在顧客になるのです」


ではこれからは潜在顧客に如何に来店していただくかを考えてみましょう!


潜在顧客にアプローチするために最も効果的な方法は?


どう考えてもインターネットを活用する方法ですよね


それではインターネット集客を考えたときのルールとしては上記⑤項目を基準を明確にしていきます。


さらにそれぞれの項目を考えて”ペルソナ”(仮定の人物像)を明確にしていきます。


今回はその1編


①身体に悩みがある(顕在問題)に対して


貴方の治療院は

何が出来る? 


腰痛、肩こり、姿勢を治す、O脚矯正、骨盤矯正、五十肩、ひざ痛、坐骨神経痛、足の痺れ首が痛い、背中の痛み、 etc.


ほとんどの先生方は幅広いお客様を集客したいが故にメニューが多すぎます。

これ、そもそも無理なんです


これではお客様は「選択できないのです」(時間があればコロンビア大学の「選択の力」と言う講座のDVDがあるのでご覧いただければ良いと思います。


人間の行動心理では3択以上、3択以下では「圧倒的に3択以下」から答えを選びます。


ですから、治療院のメニュー構成は3種類以下が望ましい

これは心理学でも証明されています


だからこそ3つ以内のメニューに絞り込むのです


メニューを少なくするほど内容を高めていけるので結果がついてきます


結果がついてくればどんどん紹介のお客様も増えてきます。


身体に悩みをお抱えの潜在患者に安心していただく為に


自分の治療院の強みだけをシンプルに極める。


当然ですよね


全く見ず知らずの相手に痛み、悩み、つらさ


を抱えた身体を任す身になって考えてみてくださいね!












まだまだお伝えしたいことがたくさんありますが文章での表現は難しいので

続きはセミナーか何かでお話しできればと思います。


稚拙な文章にお付き合い有難うございました。


International Chiropractic Association

Kenji.Yoshikawa






26回の閲覧

〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19F

TEL 06-6450-9356

営業時間 10:00 ~ 19:00(土日祝定休)

© B.C Lab Inc.. All Rights Reserved.